スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EROの波動

 ハイゼルベルクの不確定性原理によれば、1個の粒子の位置を正確に計測すればするほど、その運動量を正確に測定できなくなる。正確には位置と運動量はシュレーディンガーの波動関数で表される確率分布に従うという・・・
 これはUO内の1キャラ、敷衍すれば1Guildや1サーバーにも適用でき、それぞれのEROさ×戦闘力は一定値はなく、ある範囲内での波動としての確率でしか示すことができない。つまりEROければEROいほど戦闘力はないのだッ!

これは近々「裁縫屋のてっぺん」というイベントが行われると聞いてワタシが思い出した、かつて布と染色に無駄に命をかけたヲトコ達の記録である。(2001年2月のお話です)

 
エロタニアの野望
そんな不確かな世界でも、世界をピンク一色に染めようと奮闘する男達が15年前にもいた。
ヤツらは手始めに派閥戦争を利用することにより、ブリタニアをエロタニア、MinocをErocに改名しようと蠢動している。
(実際に当事のTrueBritanians派は、投票により自派内でMinocをErocと呼ぶよう多数決で決定した。)


EROの地上文字
まずはBritainの大通りを占拠して、ピンク色に染めた布でナスカのごとく外宇宙から見ている人々にメッセージを送る。
派閥戦争の真っ最中に、城に立て籠もる味方と敵をシカトして、こんなことして遊んでいるなんて・・・


シュプレッヒコール
さらに安保闘争や全共闘で鍛えたシュプレッヒコールにより、「俺達は変態だ!」と性癖を存分にアッピル。
・・・どうしてそのエネルギーを派閥戦争に投入できないのか、それもこれもハイゼルベルクの不確定性原理のせいなんだッ!


戦いは常に無常
そして進行してきた敵対派閥を相手に、ヤったりヤられたり。
「色男、金と力はなかりけり」

膨大な秘薬とポーションと武器防具を消費しながらも、戦争は常にむなしい・・・
我々もいつもどおり白黒の世界で整列しておく。


謎の科学力によるグラデーション
全裸に灰色のローブだけを纏い、ほぅほぅの体でBritainに戻ってきた我々が目にしたものは、古代文明の超科学力によってグラデーションに染められたERO布であった。

いったい、誰が、いつ、なんのために、このような凄まじい技術と労力の無駄遣いをしたのか、今となっては永遠の謎である・・・
スポンサーサイト
[ 2016年02月04日 22:53 ] カテゴリ:UO昔話 | TB(-) | CM(0)

おカンがイくッ!

 コンビニでは、いつもヤングジャンプのアイヌものと、チャンピオンの吸血鬼ものを立ち読みする私だが、隣の隔離されたコーナーでは20年前と比べてロリが少なくなった代わりに、熟女・母ものが一定確率で置いてあるという・・・

まぁ、バブルの頃にお立ち台でヴぃヴぃ言わせていた世代が今では四十~五十路だし、UOでも「その手の本のタイトルを自己申告して、それがGuildタグに採用される」というWar Guildもあったくらいだし、少子高齢化の流れは止められないのかも。

EMの余興
そんな小皇帝を揶揄したイベントが、節分という名の二十四節季にかこつけて行われるというので、禅都に22:30に集合した私が見たものは、80年代ポップスを熱唱するEMですた・・・

なんでも、一連の節分イベントのうちwakokuが最終日最終時間であるため時間が押してしまい、その間を埋めるべく前座としてAsiantamタンのステージが行われているとのこと。


アレルギー性鬼
裏でニコニコを見ていたり漢コレしたりして20分ほど経過すると、今回の主役のOni母子が登場。
なんでも子供は2月10日産まれのニートの日だったのが、一念発起して寿司屋の修行に出たものの生魚アレルギーのため、こんな風に変色してしまい、寿司屋の大将も「お客さんの美的感覚にあわない・・・」と困っているとのこと。


薬膳(ピザ)
子供がいくつになってもおカンにとっては子供。でも自分がいつまでも女だと思われると世代間新陳代謝が働かず旧世代のシステムが崩壊するので美魔女はカンベンして欲しいのだが。
そんなおカンが名医を呼び寄せて、アレルギーによく効くというお茶を煎じてもらうのだが、苦いからピザと一緒にと勧める。

・・・その堕ちているピザは、私がさっき捨てたモノなのですが・・・


とりあえずセクハラ
どうやら今回のイベントは、子鬼のアレルゲン体質克服のために、各地を経巡って薬効のあるナニかを5つ拾ってきて、それを用いて母鬼がプリンを食べながら子鬼の脳改造を敢行するという内容らすぃ。

とりあえずセクハラしておく。


にゃしぃぃぃー!
その後もEMによる迫真の演技が繰り広げられていたが、裏で「だがしかし」というアニメをニコニコで見ていた私はまったく気がつかず、いつしか禅都の食堂に一人取り残されている。

...よ、よくよく考えたら、このキャラってばSkara首長用のキャラで単独では戦闘力ないし、また殺し間に連れて行かれてもデキることはないしぃ!
とりあえず会場にゲェトが開いてみんなが戻ってくることを期待して、某駆逐艦ネームシップのようなセリフを吐きながらどっしりと構えておく。 そして、そのまま堕ちたので、イベントでナニが起こったのかは(ワタシにとっては)闇の中。

え、えぬぴぃしぃの護衛が左右にいるから、寂しくてイってなんかないモンッ!!
[ 2016年02月01日 23:38 ] カテゴリ:UOイベント | TB(-) | CM(1)

第30回wakoku大行商

 世界中の文字は、漢字のように一字で意味を持つ表語文字、一字が子音か母音など音に対応するフェニキア文字派生の音素文字、一字で音節(子音+母音など)をあらわす音節文字の3種に大別できるが、日本では音節文字としてカタカナとひらがな、表語文字として漢字(読み方複数)、さらに意識高い系が使う横文字のアルファベットと全種類が網羅されているという・・・

音節文字なんて、かなと線文字Bぐらいしか有名どころはないのに。


会場セッティング
そんなマイケル・ヴェントリス的な思いを胸に、向かった先はSkaraBraeのカウンセラーホール。
30分前にはいつもの首長たちが、什器や段取りのセッティングを始めているッ!
Guraさんなぞは、わざわざ卑猥な色に染め上げた椅子とテーブルを用意して、「一応」などとのたまわっている確信犯ぶり。


第30回スタート
開催地の首長であるにも関わらずワタシが告知をサボっていたせいで、ちょっぴり人の集まりが寂しいけれど、それでも無事wakoku大行商開催です。しかも今回は記念すべき30回目。


いつもの出店
カウンセラーホール内で開催したおかげで、備え付けの机と椅子に座ればそこが即露店に。
ワタシはいつもどおり、箱に挿入ったいらないものをテキトーに売る。
値段なんてあってないようなもので1,000gpから1,000,000gpまで気分次第で変わるけれど、面倒なので値引きは桁単位でしか行わない。


みさくら語
そして22時半からはミニイベントとして、みさくらなんこつ祭り激噛を行う。

ちなみに、あらかじめ考えていた出題は以下のとおり。
・SkaraBraeの艦攻力は世界一ィィ!
・自演乙noキワミ雄一郎べっきー
・となりのキャkuは柿食うキャくだ
・地異サイころは神様外t不思議に悪夢ヲ鼎
・量子的な場の擾乱とE=MC^2から質量が産まれる
・勝てたにピストル心には名束口蛭に樋の酒セナ化に人生を
・EROくたってイイじゃない。人間だ者
・SMAPがkいさンしても地球は間倭手いる
・東京(TOKIYO)の第5メンバーはAKIO
・大根をたbるには三浦師
・千夜シャロゲッペジェットス斗リームアタックだ!
・CH3CH2OH+[O]→CH3CHO+頭痛+H2O
・だディーアナさんオンドゥルルギッタンディスカァィー!
・力抜山気蓋世時不利騅不逝騅不逝可奈何虞奈若何
・わたシはEROくない。環境がえろぃのだ。


これらのWordをワタシが発して、一番早く正確に同じ発言をした人が1ポイントGet。
3ポイント先取の勝ち抜きで順位を決めていきますた。


4位までの賞品
今回はあらかじめお題を用意していたため、日本語の特徴であるひらがなとカタカナ、漢字に全角半角のアルファベットを混ぜたものをその場で噛みながら発言するよりも、元ネタを重視する方向で責めてみました。

みんなタイピングに自信ニキ!なんだけど、「擾乱」とか「鼎」とか「騅」とか、「字が読めない→入力すらできない」という不評を買ってしまった。あんまり出題に懲りすぎるのもダメだし、第一、審判が面倒くさすぎる・・・

そんなgdgdを乗り越えて、1位はChobiさん、2位はGuraさん、3位はJoshさん、4位はOrcaさんと、鍛え上げられたwakokuの言語学的変態精鋭たちに賞品を授与。


魂なしで閉会
そんなこんなで、23:30にイベントの告知を交えつつ閉会式で終了。
ステージに上がっている人が少ないのは、画面外で椅子に座ったまま魂が抜けている人が多かったから。

ストィックな市長にして市民である私の、その場での思いつきがたぶんにあった大行商ですが、参加者のみなさま乙カレー様でした。
[ 2016年01月24日 20:19 ] カテゴリ:UOイベント | TB(-) | CM(0)

目で殺す(物理)

 地図上の寺マークが政治的事情により変更されると聞いて、鉤十字と畳の奇跡のコラボ動画を見ていたら、「見つめられると死んじゃうッッッ♡」というコメントがあったという・・・

このコメントを「目線と殺人の」方程式と解釈すると、理論的には3つ、仮想的・物理的・UO的の解が存在しており、
1.糸屋の娘や、杉良太郎、沢田研二のように、流し目で悩殺する。 (妄想解)
2.第一部のDioや第二部のストレイッツィオ、でじこのように目からビームを出して殺す。 (物理解)
3.UOの中でもフェルッカの限られたNPCが、限られたPCキャラを間接的に殺す。 (UO解)

となる。

今日は3番目の解により、灰色の世界に連行されることが確定的に明かな、とあるキャラを量子力学的に観察してみよう。

背中に人生を背負って
ここはとあるフェルッカの学園都市。
その中でも武器の製造と密売を一手に引き受けて、世界各地で紛争を長距離戦にしている鍛冶屋を狙ってHideしているキャラが一人。
某国も紛争がイヤなら、弾(銃本体より原材料と品質管理が必要なため現地生産ほぼ不可)を、横流しされないようにすればいいのに・・・


ヲトコは誰も不幸なサムライ
それでもヲトコは誰もが不幸なサムライだから、木枯らしの中ジェニーの肌温を忘れそうになりながらも、お宝の箱をロックピックとテレキネシスの魔法を使って開けていく。


目線ビーム
こうやって防具強化剤を日々集めているのだが、カリオストロ公爵が偽札をスっても時計の針に挟まれて圧死するように、天網恢恢疎にして漏らさず。スーパースターを見つめるオバちゃんのようなNPCの目線が...

街中で箱から盗むのはフェルッカでしかできないが、NPCの視界に盗む瞬間が入るとGuardsを呼ばれて即死する。(通常のPC相手の盗みでは完全に成功したら犯罪者flagが立たず平然としていられるが、箱からの盗みではNPCの視線が通っているかどうかだけが判断基準)

つまり盗みがバレるかどうかは確率事象であり、原則的には「NPCに見られたから死んだ」という因果関係がハッキリしているのに、1回1回の盗みについてはその結果がどうなるかを確率的にしか(成功率70%とか)言えず、


ダンディズム(白黒)
花園で眠ることができないこともある、古い時代の人間はこうやって灰色の世界に招待されてしまう。
それでも17年以上前のように、死体を見たらすかさず漁る人々すらいないため、復活してしまえば荷物の回収は容易。こうして盗み盗まれ、兵舎フェルッカの日は暮れるぅ~
[ 2016年01月17日 21:46 ] カテゴリ:UO一般 | TB(-) | CM(0)

激触(げきさわ)

 蝕(しょく)というのは一般的に、ある天体がある天体を隠して見えなくしてしまう現象のことで、有名どころでは日食と月食(蝕が常用漢字でないため当て字)があるのだが、真紅のベヘリットに捧げても発生することがあるという・・・

今日は、そんな蝕とは全く関係がない、激しく触る方の激触(げきさわ)を紹介するつもり。
'激しく蝕'というもそれはそれでイヤだが・・・


初めての激噛
元々は大行商のミニイベントとして人気があった、「激噛」という「発言者が噛みながら発現した言葉(この場合"タッカrぷtpぽるんがpりろとtぱろ")を、先に正確に発現したほうが勝ち!」という単純明快ながらタイピング勝負でアツいものが存在していた。
(写真はwakoku不定期祭blogから初回の様子を引用)


激触第一段階
実は、激噛、さらにはその元ネタである「激打」(正確で素早いタイピングで敵を倒すPCゲェム)よりも以前に、UO内では幻のゲェムというかコミュニケーションツールとして行われていたものがあって、それが「激触」。
簡単に言うと、激噛を二人一組にして発言だけでなくモーションも組み合わせたようなもので・・・

この例では違う星からやってきた恥的生命体のファーストコンタクトとして、お互い対等にランタンとwandを持って先端を接触させ、責め役が先に「ET!」と発言する。


モーションも大事
それに対して受け役がソーシャルモーションのBow(お辞儀)を繰り出したため、答えて"はぁはぁ"と責め手がリバ的にSay。


定量的評価
と見せかけての再度ヘタレ責めBow+Say"ちゅぱちゅぱ"というシグルイに、鬼畜受け役が"40てん"と無常なSay。

ここまでの一連のソーシャルと発現を1セットとして出題カップルが行い、それを回答コンビがそっくり真似をするというのが「激触」。

ただ、(1)回答したSayの内容があってさえいればOK、(2)回答順序も重要、(3)むしろぃゃらしぃソーシャルが重要、というようにカップリングに複数の解釈が可能であるため審判が非常に困難であり、そもそもLovinと私のようなヒゲ面のヲッサン同士の激触が(20世紀では)誰得であったため、毎週水曜日のPubで自然発生したのについにフェルッカの壁を越えることができなかった幻の競技である。

むろん、次回のSkara大行商では上記の欠点を解消できていないため、通常の激噛を行うつもりなのでタイピングに自信のあるかたは奮ってご応募いただきたい。( ̄ー ̄)
[ 2016年01月10日 22:10 ] カテゴリ:UO一般 | TB(-) | CM(0)
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
書いている人

KarashNeco

Author:KarashNeco
ようこそ、EROぃ人たち・・・

 このBlogはMoonglow首長になってしまった、とある酔っ払いの日々と、UOR以前のできごとを抜き出したものです。半年間は更新頑張る予定。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。