月別アーカイブ  [ 2015年02月 ] 

悪の物々交換

 動物と人間の違いは火や道具の使用性癖などいろいろあると思うが、とある本によると決定的だったのが「交換」だったとか。これにより原始時代に黒曜石がないところでも魚や貝と交換で、鋭い鏃を手に入れることができ狩りの生産性が上がって、人間がエロぃことをする余裕が生まれるほど増えたという・・・

確かにイヌやネコが自分の餌は(子供に恵むことはあっても)死守して、他のイヌやネコの同等の餌と交換したりするのは見ないかも。

無根拠な自信
だが私はカラスとネコの合体動物である誇りにかけて、自らの力だけで練成装備を手に入れようと、練成素材を一杯抱えて女王様のフォーヂに赴く。最後のプロパティを練成するとなると、普通のフォーヂで成功率3%なのが女王様の靴を舐めれば8%近くまで上がるのだから・・・ ありがとぅございますッ!


用途不明の武器
そんなプライドを捨てつつ趣味と実益を兼ねた結果がこれ。
マナリーチ特盛、スタミナリーチと武器ダメは練成限界、オマケに詠唱可とFC+1という謎仕様。


黄金色のお菓子
前回の防具とあわせて装備は大体完成したのだけれど、アクセサリーに速度5%をつけるのが最後の関門。テキトーに狩りをしていいプロパのアクセが出るまで粘ろうかと思ったけれども、大人は我慢弱い。Vendorを巡っていい出物があれば金に飽かせて買い捲ろうと思ったけど、wakokuはあまり出品も盛んではないようで。

「金で解決できなければコネで解決すればいいぢゃないッ!」と、私のココロの中のアントワネットがささやくので、知り合いに頼んで速度+5%が付くターコイズリングの原料を融通してもらう。
取引場所はもちろん代官屋敷Moonglow首相官邸だ。


スカラブレ農民より
くっくっく、まさかSkara市長も自分の市民がワシントン条約で禁止されている高級宝石の密輸に関与しているとは思うまい。


悪のお約束
場所は代官屋敷、アペリティフとして黄金色のお菓子、そしてお約束の「そちも悪よのぅ」「ぃえいぇお代官様こそ」「ふっふっふ♪」とセリフも吐いたし、NPCの用心棒の先生まで揃えて準備OK。

TVならここで赤い名前の黄門様が出てきて無差別殺人を繰り広げた挙句、絶対に眼窩に収まらない大きさの印籠をねじ込むというホラーな展開になるのだが、ここはフェルッカではなくトラメル。
 普通に一市民と首長の取引をして終了ですた・・・
スポンサーサイト



[ 2015年02月04日 09:57 ] カテゴリ:Moonglow | TB(-) | CM(0)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
書いている人

KarashNeco

Author:KarashNeco
ようこそ、EROぃ人たち・・・

 このBlogはMoonglow首長になってしまった、とある酔っ払いの日々と、UOR以前のできごとを抜き出したものです。半年間は更新頑張る予定。

検索フォーム