ワルツ

 2/21は突然の引退を発表したKanataン最後のイベントである「トライアングル・ワルツ」が開催されるというので、休日出勤もせず全裸待機。ところで似て非なる"Endless waltz"が主題歌であるところのガンダムWが、ヒロインの中の人がクレヨンしんちゃんと同じと知って私は驚愕したという・・・

さらにこのヒロイン、第一話で主人公のガンダムパイロットから「おまえを・・コロす!」と告られるドラマチックすぎる展開なのだが、今回のイベントも負けないぐらいドラマチックなものになると予想した人が、

0221-01.png
wakoku EMホールに、こんなにも集まってくれました。
そんなキノコあふれる晴れ舞台に、執事のSwansonが登場してお嬢様の社交界デビュー会場にぜひいらしてくれと、パリコレに招待されるようなノリでついていった先では。


0221-02.png
父上のローレンス公爵と、ドレスを盗まれてマッパなマドレーヌお嬢様が、(ピンクの法被的な意味で)親衛隊長のアベルを従えて壇上に。ドレスを盗んで走り出したクラウスも登場してコントを繰り広げつつも、焦点は「お嬢様をエスコートするのは誰か!?」ということに。 身分的にはヘタレのクラウスらしいのだが・・

お嬢様への秘めた恋心をクラウスに暴露されて動揺しつつも、心の奥底に隠したクラウスへの恋慕を私に暴露されてもスルーするアベル。 さすがわ親衛隊長。


0221-03.png
と、そこに空気を読まないことでは定評のあるゲルハルトが雄牛の姿で乱入して、お嬢様に ぁゃしぃクスリを無理矢理飲ませる。 お嬢様も素直に飲むなよな・・と思ったが、UOの世界にはハンカチにしみ込ませたクロロフォルムがないから、経口摂取もやむをえないか。


0221-04.png
そしてマドレーヌお嬢様は、全ての毛髪を失ってしまう・・・

0221-05.png
(中略)
そんなお嬢様を元に戻すべく、大宇宙の大いなる意思を電波ユンユン(某中学校の校歌)で受け取ったアベルが言うことには、トクノにあるラビリンスという迷宮に向かえ!とのこと。

「ラビリンスなんて、初めてイク迷宮だなー」と思って突入したら、即死しました・・・


0221-06.png
どうもラビリンスはトクノのチャンピオン沸き対象ダンジョンで、meraktus the tormented というのが正式名称らすぃのだが、ハイドを暴いたり範囲攻撃したりする半人半牛がいて倒すほどに強いのが沸くため、最奥に到達するまで死山血河の状態。

激しくされすぎて、Xn=αXn-1(1-Xn-1) ただし0<Xn<1でα>4のときに、n→∞の条件でXnが収束する値ぐらいカヲスだったよ・・・


0221-07.png
最奥部にたどり着いたところで、貴族のお坊ちゃまであるクラウスは傷を受けていたこともあり戦略的転進をして、Swansonと合流しながらある謎を解く係りに。

現場はアベルに任されたところで、満を持して黒幕のゲルハルト登場!

そこから毎度おなじみゲルハルトが変身した範囲EBを撃つ魔物との戦闘。
もちろん死屍累々なのだが、範囲外に逃れてHideしていた私には関係ねぇ!

・・・ダメージを与えた人のバックパックには記念キノコが沸いたらすぃのだが、そんなの関係ねぇ。・゚・(ノд`)・゚・。


0221-08.png
だが倒しても倒しても、MMRの前に立ちふさがるノストラダムスの如く復活してくるゲルハルト。

どうしようもないのか・・・とあきらめムードが冒険者達に漂った時に、Swansonとクラウスの共同作業(意味深)により、「光」というキーワードに導かれたマルコ、そぅサラクエル調査団主席調査員のマルコがやってきてくれたのだった。

そしてマルコが言うには、ゲルハルトの不死身の秘密、それは ゲ ル ハ ル ト とぃぅ名前そのものがアナグラムであり、黙示録的に正しい順番に並び替えた上でノイズを除去すると、ハ ゲ ル ト
つまりゲルハルトは毛根を絶滅させる魔界からの使者だったんだ!!

ΩΩΩ ナ、ナンダッテー!


0221-09.png
復讐という名のゲェムを楽しいんでいる間に毛根に取り返しのつかないダメージを負ったゲルハルトは、毛根への復讐のために貴族への復讐を行うという本末転倒な状態に陥り、最終的には頭皮を覆う悪魔(アデ○ンス)との契約に違反して、ありのままの頭皮と性癖を暴露されたことにより違う世界へと旅立ったのであった。

そして戦闘技術を極めても、加齢と遺伝には勝てないということを思い知り、絶望的な思いで「もぅ・・終わり?」と尋ねるアベル。 ....あんた、後頭部が煤けているぜ・・・


0221-10.png
さらにアート○ィチャーの使者であるイタヅラッ娘Aliceタンまで登場して会場は大フィーバー!
・・・どうやらKanataンのラストイベントということで、お手伝いEMさんがありったけ駆けつけてくれたらすぃ。


0221-11.png
ハゲルトを倒してラビリンス迷宮から撤退した先には、毛髪を全て失った(牛に見えるのはキノセイ)マルガレータお嬢様と、Swansonに呼ばれてやってきたクスリのバイニンFrantz。

Frantzはお嬢様を元に戻せるクスリを横流しできるそうだが、唯一の副作用が「毛根にダメーヂを与える」というので、責任を取ることを恐れてなかなか投薬してくれない。 ぉまぇは役人か!?


0221-12.png
だが科学の力は偉大。
Trinsic首長をあれだけ輝かせた問題もアッサリ解決して、マルガレータお嬢様は無事にもとの姿に戻ることができた。

ちなみにこの時点での参加者は、「ハゲてなくてよかた」という派と、「でも乳牛姿のマルガレータの搾乳なら見たいかも... ドゴォッ>>1」の2派閥に分かれていました。


0221-13.png
そうして問題も解決してローレンス公爵様のところに戻ってきたら、今回の活躍を嘉して爵位を与える=貴族にするという沙汰を受け混乱するアベル。

これでお嬢様をエスコートする資格を得たのだが、元々アベルはクラウスとキャッキャウフフしたいがために一連の騒動に首を突っ込んだのが、逆にお嬢様に気に入られるという本末転倒的な立場に。


0221-14.png
アベルの愛が自分に向かっていないことをビンカンに察したお嬢様に1789年のアントワネットの大いなる意思が憑依して、「男女男 状態でもいいじゃないッ!」と二人の豚を従えて新宿の社交界にデビューすることを宣言する。

やだ・・・お嬢様の方がヲトコらすぃ・・・・


0221-15.png

こんなドリカム状態でのヲチを受けて、集まってくれた冒険者のみなさまに男女男状態で別れの挨拶をしてくれるKnataン。 最後ということでしんみりするかと思いきや「お相手選びは慎重にッ!」という、経験者ならではのアドバイスが光って、貴族的ロールプレイは終了するのでありました。

※今回の記事は、実在の人物および非実在の人物による発言や行動とは、完全に無関係なフィクションであることを付け加えておきます。
スポンサーサイト



[ 2015年02月23日 23:25 ] カテゴリ:UOイベント | TB(-) | CM(2)
あなたは天才ですw
[ 2015/02/25 23:12 ] [ 編集 ]
ナナシネコ様

おそらく私が天才なのではなく、酔っ払って日記を書いているためアルコホーリック神からの大いなる意思が憑依した結果なのでしょう。

・・・自分で読み返してみても、なんでイベントと関係ない毛髪推しなのか意味不明なのですから・・・
[ 2015/02/26 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
書いている人

KarashNeco

Author:KarashNeco
ようこそ、EROぃ人たち・・・

 このBlogはMoonglow首長になってしまった、とある酔っ払いの日々と、UOR以前のできごとを抜き出したものです。半年間は更新頑張る予定。

検索フォーム